八十九おぼろづき

ひと手間かけた、ひとつ上のおいしさ。

精米
無洗米

ひときわ強い粘りと
深い味わい

「おぼろづき」は、アミロースの割合が低く、強い粘りが魅力です。その「おぼろづき」の中でも独自の品質基準を満たす原料だけを選び「八十九」ブランドとしてお届けします。八十八の手間をかけたお米よりも〝ひとつ上〟のおいしさが自慢です。

プレミアムの証
原料米品質基準
◎タンパク値 7.9% 以下
◎アミロース値 18.0% 以下

※タンパク値は「ごはん」の炊き上がりと食味に関係があり、数値 が低いほど、ふっくらとして、食味が良くなる傾向がある。
※アミロースとはお米に含まれるデンプンの構成成分。数値が低 いほど粘りが強い。うるち米の一般的なアミロース値は20%前後。

誕生秘話

「八十九 おぼろづき」は、当初、試験栽培米として希少量しか栽培されていませんでした。平成17年の生産量はわずか60トンで、北海道米全体の0.01%。文字通り幻のお米だったのです。
その後、最高ブランドのコシヒカリと肩を並べる食味の良さが人気を博し、生産量・販売量ともに大幅に増加。
北海道米の新たなおいしさを全国に伝えました。

おぼろづき系譜

系譜図

おぼろづき系譜

系譜図